沿革

 

沿革

距離を隔てた日本と中国の間を、より近く親密に結ぶ
それが株式会社CTDのヒストリーです。

代表者の稲田 嵐は上海中医大卒後、中国医療の専門家として日本に招聘。
医療活動に従事する傍ら、多くの日本企業経営者から中国ビジネスの相談を受ける。
相談の大半は日中双方の文化や制度の違い、考え方の相違によるもので
「日中の交流を通して相互理解と信頼を築くことが大切」ととくうち、
日中間の「架け橋」となることが」使命と決意する。

1993年 日本帰化
1995年 銀行の依頼による中国貿易ミッション・プロデュースを切っ掛けに、鹿児島市山之口町に大陸貿易開発株式会社設立
資本金1,000万円。同時に上海情報事務所も設立
1997年 中国安徽省に安徽省蓮花蜂産品有限公司設立
資本金3,000万円に増資
1998年 本社を鹿児島市鴨池に移転
1999年 中国現地貿易法人「上海櫻島貿易有限公司」との業務提携をスタート
資本金5,500万円に増資
九州通商産業局長より、1999年度輸入促進貢献企業の表彰を受ける
2000年 本社を鹿児島市与次郎2丁目4番35号に移転
2005年  中国上海浦西地区に中国初の婚礼会館となる
Shanghai Wedding S
tory
(上海櫻島婚慶礼儀服務有限公司)を設立運営スタート
2009年 社名を「株式会社CTD」に変更
2010年 上海浦東地区に2号店となる「薇婷故事」
Shanghai Wedding Story2号店
(上海櫻島実業有限公司)を設立運営スタート
2012年 本社を鹿児島市鴨池新町5番6号に移転
2014年 資本金5,000万円に減資
ページ上部へ戻る